2009年02月11日

映画「戦艦ポチョムキン」とショスタコーヴィチ:交響曲第11番ト短調作品103「1905年」

先月1月19日にセルゲイ・エイゼンシュテイン監督の映画「戦艦ポチョムキン」が放送されて久々にあの「オデッサの階段シーン」を観ました。 この戦艦ポチョムキンは劣悪な環境に我慢していた水兵たちが自分のたちの食事に使われるウジの沸いた肉を見てついに怒りが爆発して反乱を起こすという話しでバックにショスタコーヴィチの交響曲が使われています。 乳母車が石段を下りて行く「オデッサの階段シーン」では交響曲第11番ト短調作品103「1905年」第2楽章が使われています。 戦艦ポチョムキンに手を振って歓迎する市民たちが突然スネア・ドラムの連打でパニックに陥ります。 横一列になって発砲しながら石段を下りてくる兵隊と逃げ惑う人々。 次々と撃たれて倒れていきます。 ただでさえ悲惨な場面なのにショスタコーヴィチの音楽がそれをさらに増幅させます。 もともと戦艦ポチョムキンは無声映画で1976年に完全版が作られた時にショスタコーヴィチの交響曲が付けられたそうですが非常に効果的に使われていてCDで聴いてもピンとこなかった曲が映像と共にすっかり焼き付けられました。 交響曲第11番のCDはいくつか持っていますがネーメ・ヤルヴィとエーテボリ交響楽団の演奏をほんのたまに(2年に1回ぐらい)聴いています。 「オデッサの階段シーン」で使われている第2楽章のところは映画でつかわれている演奏よりもテンポが遅くもっと悲惨に聴こえます。 もちろん目を閉じるとオデッサの石段での殺戮のシーンが浮かび上がってきます。
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

家喜 美子の新譜 追加情報

YIJK1.jpg
J.S.バッハ: フランス組曲(全曲) / 家喜美子


J・S・バッハ:フランス組曲全曲
第1番ニ短調BWV812・第2番ハ短調BWV813・第3番ロ短調BWV814
第4番変ホ長調BWV815・第5番ト長調BWV816・第6番ホ長調BWV817
家喜 美子(チェンバロ)
Regulus YIJK-1-2 国内盤
発売日 2009年2月21日

という訳で宜しくお願いいたします。
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 19:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ロシア文化テレビ「マスター・クラス」

ロシア文化テレビで放送されるのは演奏会だけではありません。 作曲家や演奏家のドキュメンタリーも数多く放送されています。
20030910170001.jpg20030910170003.jpg
今日はその中から2003年に放送された「マスター・クラス」と言う番組を紹介します。 これはロシアを代表する演奏家3人の公開レッスンを収録したもので
2005082901.jpg2005082902.jpg
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチが2回
20030910170002.jpg20030910170004.jpg
ガリーナ・ヴィシネフスカヤ
20030909180001.jpg20030909180004.jpg
ユーリ・バシュメトがそれぞれ1回づつ放送されています。
2005082904.jpg2005083004.jpg
もちろんロシア語で話してますし日本語の字幕がないのが辛いところですがロストロポーヴィチが若い演奏家に対して非常に熱心に、そして会場から笑い声が起こる程ユーモアたっぷりに教えている姿を見るとロストロポーヴィチの音楽への思いを感じます。 こういうのは是非日本でも日本語の字幕付きで放送して貰えればいいのになぁと思ってます。
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 23:07| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

ワディム・レーピン(ヴァイオリン)〜ユーリ・バシュメト&”新しいロシア”交響楽団/チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35

2007030601.jpg2007030602.jpg
今日はワディム・レーピンをソリストに迎えたユーリ・バシュメトと”新しいロシア”交響楽団の演奏会を紹介します。 
2007030603.jpg2007030604.jpg
曲はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35で2007年3月6日に放送されました。 
2007030605.jpg2007030607.jpg
レーピンの演奏しているチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲はゲルギエフ、テミルカーノフ、それにこのバシュメトとの演奏が放送されています。 
2007030608.jpg2007030611.jpg
レーピンの凄いところはどの演奏も全くムラがなく安定している事です。 
2007030606.jpg2007030609.jpg
普通なら日によって出来不出来があるものですがレーピンは完璧です。
2007030610.jpg2007030614.jpg
そんな中でバシュメトの演奏はレーピンもオケも自然体と言うか実に伸び伸びと演奏しているので大変気に入っています。 
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

デニス・マツーエフ(ピアノ)〜ウラディーミル・スピヴァコフ&ヴィルトゥオージ・モスクワ/ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番ハ短調作品35

2007110202.jpg2007110210.jpg
今日はデニス・マツーエフのピアノ、ウラディーミル・スピヴァコフとヴィルトゥオージ・モスクワによる演奏会を紹介します。
2007110201.jpg2007110204.jpg
演奏されたのはショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番で2007年11月2日に放送されました。
2007110208.jpg2007110205.jpg
マツーエフのピアノですが期待通りの演奏で鍵盤の上で暴れまくっています。 客席は超満員で舞台の後方にもお客さんがいます。
2007110209.jpg2007110203.jpg
トランペットはヴィルトゥオージ・モスクワの奏者の方ですがこれも切れの良い演奏でマツーエフのピアノとぴったりです。
2007110207.jpg2007110211.jpg
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

ロシアの通信衛星打ち上げについて

今日はロシアの通信衛星打ち上げについて書きます 2月10日にバイコヌール基地からプロトンロケットを使って通信衛星が打ち上げられます。 衛星はExpress MD1でCバンドのトラポンを8つ搭載しています。
http://www.lyngsat.com/launches/asia.html

Express MD1が予定通り打ち上げられれば1〜2ヶ月程のテスティングの後に東経80度へ移動して運用が開始されると思います。 現在東経80度にはExpress AM2がありますがどうも調子が良くないのか3525 Rと3675 Rが昨年の9月頃から日本時間の午前9時から午後2時ぐらいまで送信が休止するようになり、3675 Rは先月停波したようです。 かつては一つのアンテナでクリィトゥーラのドゥブリ1とドゥブリ2の2つの時差放送が受信出来る便利な衛星だったのですが運用が不安定なのでExpress AM2に向けていた1.8mを96.5度のExpress AM33へ向けてドゥブリ2の受信用にしました。ドゥブリ1の受信には1.5mのパラボラを140度のExpress AM3に向けています。 今度打ち上げられるExpress MD1のスペックとフットプリントがまだRSCCのページ(http://www.rscc.ru/ru/index.html)に載っていないのでなんとも言えませんが日本でも良好に受信出来る衛星ならいいなぁと思っています。 今後、日本でも受信可能なロシアの通信衛星の打ち上げ予定ですが

2009年中    Express MD2 145度
2010年     Yamal 301  90度
2011年1月〜6月 Express AM4 80度
2011年〜12年  Express AM5 140度

となっています。
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

家喜 美子(チェンバロ)〜スコットランドの古都に遺された二つの銘器

今日は私がいつもお世話になっている方からチェンバロ奏者の家喜美子さんの新譜が2月21日に発売されるという連絡をいただきましたので紹介させていただきます。




エディンバラの銘器 / 家喜美子

収録曲 J.P.スウェーリンク:詩篇23番、イングリッシュ・フォーチュン/H.パーセル:組曲 ニ短調/W.クロフト:グラウンド ハ短調/J.H.ダングルベール:シャンボニエール氏の墓/G.ベーム:組曲 ハ短調、組曲 ヘ長調/J.S.バッハ:トッカータ ホ短調 BWV914
家喜 美子(チェンバロ)
Yoshiko Ieki,Cembalo

規格番号 RGCD‐1023
ジャンル 音楽史
3,045円(税込)
録音:2007年7月26日-28日ラッセル・コレクション、バーンズ・コレクション、エディンバラ,スコットランド
楽器:J.D.ドゥルケン1740(エディンバラ・バーンズ・コレクション所蔵)
グールマン/タスカン1764−1783/4(エディンバラ・ラッセル・コレクション所蔵)
●昨年発売の「ゴルトベルク変奏曲」は各方面から好評をいただきました。今回もエディンバラの現在望みうる最高のチェンバロを使用して、前作同様演奏・録音ともに極上の作品に仕上がりました。
●譜面に書かれた対位法が、立体的、また遠近法的に実現されて行く・・・。これがバーンズ・コレクションのドゥルケン・チェンバロを弾いた時の私の第一印象である。まさに生命を宿す銘器だと、その時確信した。(家喜美子ライナー・ノートより)
●英国の音楽史家チャールズ・バーニーはブリュッセルにドゥ
ルケンを訪ね、後に彼について「ルッカース以後の最も傑出した製作家」と述べている。現存する10台のドゥルケン・チェンバロのうちエディンバラの楽器は英国にある唯一のものであり、非常に素晴らしい状態に保たれている。・・・(ジョン・レイモンド氏の解説より
●家喜 美子チェンバロ・リサイタル:3月22日 東京文化会館小ホール 14:00開演


※家喜 美子(チェンバロ)の旧譜2点



三美神 Les Graces/家喜美子

三美神/Les Graces〜現代の名工カッツマンの楽器によるチェンバロ音楽最盛期の俯瞰図
J・S・バッハ:平均律クラーヴィア曲集よりハ長調BWV846・ニ長調BWV850
パルティータ第1番変ロ長調BWV825
《ゴルトベルク変奏曲》ト長調BWV988よりアリア
D・スカルラッティ:ソナタ ト長調K144、ソナタ ト長調K146
J・デュフリ:三美神(情愛をこめて)ニ長調
ラモー:ミューズたちの語らい ニ短調
家喜 美子(チェンバロ)
録音:2004年11月8日〜10日
ドープスヘズィンデ教会(ハーレム、オランダ) デジタル
Regulus RGCD-1015 1CD




J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲BWV988/家喜美子

J・S・バッハ:ゴルトベルク変奏曲BWV988
家喜美子(チェンバロ)
録音:2007年7月23日〜26日ラッセル・コレクション
エディンバラ、スコットランド デジタル録音
使用楽器:二段鍵盤チェンバロ、ジャン・グールマン製作、パリ、1764年
パスカル・タスカンによる修正、パリ、1783/84年
Regulus RGCD-1021-22 2枚組
発売日 2008年5月21日
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 22:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

ショスタコーヴィチ弦楽四重奏団〜ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8番ハ短調作品110

2006122002.jpg2006122003.jpg
今日はショスタコーヴィチ弦楽四重奏団の演奏によるショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第8番ハ短調作品110の映像を紹介します。 
2006122001.jpg2006122004.jpg
これはショスタコーヴィチ生誕100年の年の2006年12月20日に放送されたものでスタジオで収録したものです。 
2006122011.jpg2006122021.jpg
演奏者の前と後ろにスクリーンがあって演奏中はそこにショスタコーヴィチの顔
2006122019.jpg2006122020.jpg
ただひたすら動く工場の機械
2006122016.jpg2006122017.jpg
ぐるぐる回る歯車
2006122022.jpg2006122023.jpg
切断される鉄板と飛び散る火花などが映し出されます。
2006122005.jpg2006122007.jpg
これが曲の雰囲気をさらに増幅させるので凄いインパクトがあります。
2006122024.jpg2006122025.jpg
聴いて心に残るってもんじゃないですね。
2006122029.jpg2006122030.jpg
網膜に音楽が焼きつくというか目を閉じると瞼の裏にショスタコーヴィチの顔がはっきりと浮かび上がってあの切羽詰まったような旋律が頭の中に響いてきます。
2006122031.jpg2006122034.jpg
ショスタコーヴィチ弦楽四重奏団の演奏は緊張感があって良い演奏なのですがやっぱり私はショスタコーヴィチはジャズ組曲やピアノ協奏曲第1番が好きだなぁ。。。


これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

ミハイル・プレトニョフ&ロシア・ナショナル管弦楽団/ベートーヴェンの交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」

2008110106.jpg2008110105.jpg
今日はミハイル・プレトニョフとロシア・ナショナル管弦楽団によるベートーヴェンの交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」を紹介します。 
2008110101.jpg2008110102.jpg
これは2008年11月1日に放送されたもので以前紹介したセルゲイ・クリロフとのシベリウスのヴァイオリン協奏曲が演奏された時と同じ演奏会のものです。 
2008110104.jpg2008110103.jpg
出だしは遅いテンポで始まりますがすぐ特急モードに入ります。 
2008110107.jpg2008110108.jpg
まぁプレトニョフなのでこういう演奏になるのは予想してましたし早いテンポの演奏はシェルヘンやクライバーでも聴いているのですんなりと聴く事が出来ました。 
2008110110.jpg2008110111.jpg
それにこんな早いテンポでも表情豊かでメリハリのある演奏なので聴いていて楽しくなります。
2008110118.jpg2008110116.jpg
それでも嵐の場面の後のホルンが今まで聴いた事がないほどの超スロー・テンポで演奏したのには流石に驚きました。
2008110117.jpg2008110119.jpg
恐るべしプレトニョフ。 でまたスピードを上げてそのままゴールイン! 
2008110120.jpg2008110122.jpg
プレトニョフとオケのみなさん、どうもお疲れ様でした。

これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

トビー・スペンス(テノール:ブリテン)、ボロディン四重奏団(エルガー)〜ウラディミール・スピヴァコフ&ヴィルトゥオージ・モスクワ/ブリテン:イリュミナシオン作品18、エルガー:序奏とアレグロ作品47

2004000101.jpg2004000102.jpg
今日はウラディミール・スピヴァコフ指揮ヴィルトゥオージ・モスクワの演奏会を紹介します。 これは2004年に放送されたものです。
2004000103.jpg2004000107.jpg
演奏されたのはモスクワの演奏会で珍しいイギリス物でトビー・スペンスとのブリテンのイリュミナシオン作品18
2004000109.jpg2004000113.jpg
ボロディン四重奏団とのエルガーの序奏とアレグロ作品47です。 
2004000110.jpg2004000111.jpg
ブリテンはともかくボロディン四重奏団がエルガーの序奏とアレグロを演奏するなんて意外ですがメリハリがあってなかなか良い演奏です。
2004000112.jpg2004000114.jpg
去年の暮れに亡くなったベルリンスキーがいますね。
2004000115.jpg2004000116.jpg
相変わらず低弦がごりごり鳴ってます。
2004000117.jpg2004000118.jpg
弦もぶ厚く鳴るので聴いていてこれエルガーじゃなくてどっかスラヴ系あたりの知らない作曲家の作品じゃないのかなと思ってしまいました。

これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

ドーラ・シュヴァルツバルト(ヴァイオリン)〜ミシャ・カッツ&ロシア国立交響楽団/ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調作品26

2001070905.jpg2001070908.jpg
今日は先日に引き続き2000年にミシャ・カッツがロシア国立交響楽団を指揮した時の映像を紹介します。 
2001070901.jpg2001070902.jpg
曲はブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番ト短調作品26でヴァイオリンを弾いているのはオーストリアの女性ヴァイオリニスト、ドーラ・シュヴァルツバルトです。 これは2001年7月9日に放送されました。
2001070903.jpg2001070907.jpg
シュヴァルツバルトは見るからに健やかな体格をしておりまして何故かドリフの相撲コントを思い出します。 
2001070909.jpg2001070910.jpg
ちなみにヴァイオリンは情熱的で凄く良いです。 そしてミシャ・カッツの指揮は異常といえる程元気がいいです。
2001070904.jpg2001070912.jpg
もう下手とか上手とかそんなレベルを通り越して聴いていて笑ってしまいます。
2001070911.jpg2001070913.jpg
ティンパニなんかずば抜けて凄い音しているしなんでこんな演奏が出来るのか不思議です。
2001070915.jpg2001070916.jpg
真面目な演奏よりはこういうぶっ飛んだ演奏の方が好きですね。
2001070914.jpg2001070917.jpg
あまりの大熱演に客席からは盛大な拍手が沸き起こりました。

これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。