2008年11月25日

2008年マリーナ・セミョーノワを記念するガラ・コンサート

昨日はマイヤ・プリセツカヤ・ガラ〜ドン・キホーテを紹介いたしましたが本日は今日11月25日にクリトゥーラで放送されたものをご紹介しましょう。

2008112501.jpg
ボリショイ劇場で行われたマリーナ・セミョーノワを記念するガラ・コンサートです。
2008112502.jpg
ニコライ・ツィカリーゼの前説あって幕が上がりました。

2008112503.jpg
最初は「ファラオの娘」からでボリショイ・バレエのナターリャ・オシポワとスヴェトラーナ・ザハロワ。
ザハロワのアスピチアは何度観ても良いですね。 さすがボリショイ・バレエですね、コール・ドも綺麗です。

2008112504.jpg
2008112505.jpg
次は「ディアナとアクテオン」からパ・ド・ドゥでマリンスキィ・バレエのエカテリーナ・オスモルキナとミハイル・ロブヒン。 オスモルキナは11月3日に放送された「ガラ・バレエ〜ウリヤーナ・ロパーキナとロシア・バレエのスターたち」でもこの「ディアナとアクテオン」を踊っておりました。

2008112506.jpg
続いてアダンの「海賊」からパ・ド・ドゥでボリショイ・バレエのマリア・アレクサンドローヴァとノボシビルスク劇場バレエのイゴール・ゼレンスキーです。 ゼレンスキーってマリンスキィからノボシビルスクへ移籍したんですね。
2008112507.jpg
この2人によるパ・ド・ドゥとは驚きましたが大変良かったです。

2008112508.jpg
さてお次はウリヤーナ・ロパートキナのオーロラ姫とボリショイ・バレエの男性ダンサー4人によるチャイコフスキーの「眠りの森の美女」のアダージョです。
2008112509.jpg
ロパートキナは本当に素晴らしいです。

2008112510.jpg
次はグラズノフの「ライモンダ」からでナデジダ・グラチョーワとセルゲイ・フィーリンです。
2008112511.jpg
グラチョーワは悲しいかなアップになるとちょっとお歳を感じさせますが踊りはまだまだバリバリの現役ですね。 フィーリンも久々に見ました。

2008112512.jpg
さあ本日の締めくくりはミンクスの「ドン・キホーテ」からグラン・パです。
2008112513.jpg
キトリはボリショイ・バレエのガリーナ・ステパネンコ、バジルはイワン・ワシリーエフ。 ステパネンコは貫禄十分というか綺麗にキメていきます。 キマる度に客席から拍手が起こります。
2008112515.jpg
若手のワシリーエフも負けていません。
2008112514.jpg
高さがあって綺麗なフォームのジャンプとテクニックには「おおっ!」と思わず声を出してしまいました。 名前だけは聞いてましたがこんなに凄いとは思いませんでした。
1時間があっという間でしたが観た感想が「綺麗」「美しい」「素晴らしい」と言う言葉しか出て来ないガラ・コンサートでした。

これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。