2008年12月02日

ゲンナジ・ロジェストヴェンスキー/シュニトケ(ロジェストヴェンスキー編曲):ゴーゴリ組曲

今日はpuku様よりリクエストがありましたゲンナジ・ロジェストヴェンスキーの演奏会を紹介いたします。
2002002405.jpg2002002406.jpg
ロジェストヴェンスキーは1931年生まれです。 昨日紹介したスヴェトラーノフは1928年生まれですからほとんど同世代ですね。 6年前にスヴェトラーノフが亡くなってしまいましたがロジェストヴェンスキーはまだまだ元気に活動してます。
2002002407.jpg
ただテレビで紹介されるのはインタビューがほとんどで演奏会が放送されるのは年に1回あるかないかです。 最近と言っても昨年ですがロシア・シンフォニック・カペラとのグリークの「十字軍の戦士シーグル」が放送されてました。
2002002401.jpg2002002402.jpg
そんな数少ない映像からシュニトケのゴーゴリ組曲を紹介します。 この曲はシュニトケが文豪ゴーゴリをテーマにした劇のために作曲したものをロジェストヴェンスキーが8曲選んで編曲して組曲にしたものです。 シュニトケというとクレーメルとマリナーが演奏しているベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲のカデンツァを即座に思い浮かべますがゴーゴリ組曲はいろんな作曲家の有名な曲の旋律が出てきます。 モーツァルトの魔笛の序曲かと思うとチャイコフスキーの白鳥の湖の4羽の白鳥の踊りになったり結構面白い曲です。
2002002412.jpg
演奏しているオーケストラについてのテロップが一切出てこないのですがメンバーを見ていてモスクワ・フィルハーモニー交響楽団かな?と言う気がします。
2002002404.jpg2002002408.jpg
最初の「チチコフの幼年時代」からロジェストヴェンスキーのユーモラスな表情に笑えます。
2002002410.jpg2002002411.jpg
曲の雰囲気に合わせてニヤっと笑ったり
2002002413.jpg2002002414.jpg
驚いたりおどけてみたり
2002002415.jpg2002002416.jpg
たまに客席の方へ振り向いて笑っているしでこういう豊かな表情を見るのも大変面白いです。 指揮棒が長いのはロジェストヴェンスキーの特徴です。
2002002417.jpg2002002419.jpg
途中で指揮者による語りが入るのですがここではもちろんロジェストヴェンスキーが低くてよく通る声を聞かせてます。
2002002420.jpg2002002421.jpg
曲の最後は悲しい感じで終わるのですがロジェストヴェンスキーの表情も悲しげです。 こういうのを観るとチャイコフスキーとかショスタコーヴィチも是非観てみたいなぁと思います。

これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 17:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 早速リクエストにお応えいただき有難うございます。
 ロジェヴェン翁独特の表情豊かな指揮姿、楽しめました。悲しい所で悲しい顔、楽しい所では笑い顔か・・・うーん、正直、わかり易いや。
 昔、来日公演のTVを観たとき(曲目は忘れた)あまりに身振り手振りがせわしいので、わざと音を消して観てみたら、コマ送りの早い無声映画みたいで、笑えた記憶があります。
 しかし、そうした外見とは裏腹に、この人も物凄く敏感な頭や耳を持った超天才なんでしょうね。
 ロジェヴェンの音盤ですが、BBCから英国でのライブ録音が、たまにリリースされていますが、ソ連時代のチャイコやブルックナーなど、早く復刻されることを期待しています。
Posted by puku at 2008年12月03日 12:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。