2008年12月19日

ウラディーミル・フェドセーエフ&チャイコフスキー記念大交響楽団(モスクワ放送交響楽団)/チャイコフスキー:バレエ「胡桃割り人形」作品71全曲(演奏会形式)

もうそろそろクリスマスですね。 クリスマスと言えばチャイコフスキーのバレエ「胡桃割り人形」かなと思います。 と言う訳で今日はチャイコフスキーの「胡桃割り人形」を紹介します。 
2003122905.jpg2003122907.jpg
と言ってもバレエではなく演奏会で全曲を取り上げた映像です。 バレエの曲を演奏会で取り上げる場合は全曲の中から有名な曲を集めた組曲が演奏されるのが普通だと思います。 「胡桃割り人形」の場合は組曲だけではなく第2幕全曲を演奏する事もあって以前テミルカーノフとサンタ・チェチーリア管弦楽団が演奏しているのを観た事があります。 歌劇では全曲を演奏会形式で演奏するのはよくありますがバレエ全曲を踊りの伴奏としてではなく演奏会の演目として取り上げられるのは珍しいのはないでしょうか。 
2003122906.jpg2003122908.jpg
これは2003年12月29日に放送されたものでウラディーミル・フェドセーエフ指揮チャイコフスキー記念大交響楽団(モスクワ放送交響楽団)によるモスクワ音楽院大ホールでのライヴです。
2003122920.jpg2003122918.jpg
ホールはカラフルにライトアップされて幻影的です。
2003122917.jpg2003122926.jpg
しかも曲の雰囲気で色が変わります。
2003122910.jpg2003122912.jpg
フェドセーエフの演奏ですがダンサーに合わせる必要がないので好き勝ってにやりたい放題やってます。
2003122919.jpg2003122921.jpg
これがまた凄く良いんです。
2003122928.jpg2003122929.jpg
第1幕最後の「雪のワルツ」はちゃんと合唱が入っています。 2階の左右の客席で合唱団が歌っています。
2003122931.jpg2003122932.jpg
1時間半という時間的にはマーラーの交響曲並の演奏会でしたがこういう事が出来ると言うのがさすがロシアだなぁと思ってしまいます。 今度は「眠りの森の美女」を是非観てみたいです。 無理かな。。。

これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 23:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 くるみ割りは約90分程度で、バレエ音楽としてはコンパクトですし、チャイコの音楽としては、かなり節度のある上品な作品だと思っています。なので、演奏だけを通しで聴いても疲れませんし、美しい旋律が連綿と続くので飽きさせません。

 肝心のバレエですが、第一幕がイマイチ盛り上がらない感じですね。
 演奏会形式であっても、舞台の照明など雰囲気を工夫しながらであれば、全編が美しさに溢れた作品にじっくり浸れるて、よい企画だと思います。

 ちなみに、ロシア系ではありませんが、ドラティ指揮ロイヤルコンセルトヘボウ管のCDは、バレエ舞台を全く意識していない、純粋に音楽を楽しめる名演奏だと思っています。オケも素晴らしいですし、ずっと私の愛聴盤です。
Posted by puku at 2008年12月20日 17:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。