2008年12月29日

ニコライ・ルガンスキー(ピアノ)〜モスクワ音楽院大ホールでのピアノ・リサイタル/メトネル&ラフマニノフ

今日はニコライ・ルガンスキーの演奏会の映像を紹介します。
2002005701.jpg
ニコライ・ルガンスキーは1972年生まれでタチヤナ・ニコラーエワ、セルゲイ・ドレンスキーに師事しています。 1994年のチャイコフスキー国際コンクールでは1位なしの2位になっています。 ルガンスキーは同じドレンスキー門下のデニス・マツーエフと並んでロシアではかなりの人気があり度々テレビに登場します。
2002005705.jpg2002005706.jpg
今回紹介する映像ですが2001年モスクワ音楽院大ホールでの演奏会を収録したもので2002年の終わり頃に放送されています。 この演奏会ではメトネルの「忘れられた調べ」から3曲とラフマニノフの前奏曲と楽興の時から数曲が演奏されました。
2002005708.jpg2002005710.jpg
最初に演奏されたメトネルですが映像を観てびっくり! なんと舞台を暗くして袖から青い光のスポット・ライトをピアノにあてています。 
2002005711.jpg2002005712.jpg
さらにドライアイスのスモークを使ってメトネルの曲想ぴったりの幻想的な雰囲気を作り出しています。 
2002005715.jpg2002005716.jpg
これはちょっと日本では考えられない演出です。
2002005719.jpg2002005723.jpg
メトネルに続いてルガンスキーが得意とするラフマニノフの作品から前奏曲と楽興の時が演奏されました。
2002005720.jpg2002005724.jpg
流石にドライアイス演出はなかったものの曲の雰囲気に合わせてパイプオルガンをライトアップしている光の色が変わります。
2002005721.jpg2002005722.jpg
もちろん演奏は素晴らしいものでしたが聴覚だけでなく視覚からも心に伝わってくる強烈な演奏会でした。
2002005725.jpg
ルガンスキーかっこいい!

これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 20:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。読んでいるうちに同じ地元というのに気が付きました。幼い頃からマヤークを聴いて日ソ友の会に入り、今は音楽堂の近所で働いています。同じ趣味でもいろんな楽しみ方がありますね。どうぞよろしくです。
Posted by HIR at 2008年12月30日 08:21
HIR様、ご訪問いただきましてありがとうございます。 私もBCLラジオ(ソニーのスカイセンサー5900)でマヤークをよく聴いてました。 今でも衛星のラジオチャンネルで聴いています。 「モスクワ郊外の夕べ」のISが高音質で聞けるとは凄いですね。 こちらこそこれからも宜しくお願いいたします。
Posted by こういちろう at 2008年12月31日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。