2008年12月30日

デニス・マツーエフ〜シューマン:子供の情景作品15、ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3楽章、ラフマニノフの絵画的練習曲集作品39から第6番イ短調、そして驚愕のアンコール

今日はデニス・マツーエフの演奏会を紹介します。 デニス・マツーエフは1975年イルクーツクに生まれたピアニストでモスクワ音楽院ではアレクセイ・ナセトキン、セルゲイ・ドレンスキーに師事しています。 1998年のチャイコフスキー国際コンクールで優勝した後はロシアだけでなく日本を含む世界各地で演奏会を行っています。
2003041601.jpg2003041602.jpg
これから紹介するのは2003年4月16日に放送されたものでシューマンの「子供の情景」作品15とストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」からの3楽章、ラフマニノフの絵画的練習曲集作品39から第6番イ短調を演奏しています。
2003041603.jpg2003041604.jpg
マツーエフの演奏する子供の情景と言うのも意外ですが光輝くような音色がいいですね。
2003041605.jpg2003041606.jpg
しかもヤマハのピアノがこんな輝かしい響きを放つなんて初めて聴きました。
2003041607.jpg2003041608.jpg
トロイメライはこってりと歌わせて趣きがあっていいかも。
2003041609.jpg2003041610.jpg
ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」からの3楽章ではマツーエフの本領発揮と言うかよくもまぁここまで指が動くなぁと観ていて感心してしまいます。
2003041611.jpg2003041612.jpg
ラフマニノフの絵画的練習曲集作品39の第6番も難無く弾き終わって盛大な拍手が鳴り止まない客席に向かってマツーエフが「これからジャズのメロディを即興演奏するのでリクエストがあったらお聞かせ下さい」と言うと客席から「サマータイム」「キャラバン」という声にマツーエフが軽くうなずいてピアノに向かうと超絶技巧を駆使したジャズ・ナンバーの即興演奏を披露して客席はさらに盛り上がってました。
2003041613.jpg2003041614.jpg
その客席の中にあれ?ドレンスキー教授の姿も。 立ち上がって凄く嬉しそうに拍手してます。 これだけ弾けりゃクラシックもジャズも関係ないですからね。

これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 23:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こういちろう様、今年はお疲れ様でした。
 お互い体に気をつけて、しぶとく頑張っていきましょう。
 クルィトゥーラの年越し番組は何でしょう?またご紹介ください。
 おや!shogoさん、なつかしいお名前。覚えてますか?ここもだんだんと常連様が増えてきているようですね。
 それではよい新年を。来年も楽しみにしています。
Posted by puku at 2008年12月31日 14:43
puku様、こちらこそありがとうございます。
もうあと数分で今年2008年が終わります。 絶叫マシーンのような一年で最後はボロ雑巾の様になってましたがpuku様に励ましていただいたお陰で年が越せます。 また来年も宜しくお願いいたします。  
Posted by こういちろう at 2008年12月31日 23:57
明けまして、おめでとうございました。
>puku様
大変ご無沙汰しております。HNで誰だかすぐにわかりました。もうしばらくずっとそちらへは用事も無いので行っていないのですが、時々懐かしくなります。

Posted by shogo at 2009年01月01日 10:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。