2009年01月04日

ニコライ・ペトロフ&アレクサンドル・ギンジン(ピアノ)〜モーツァルト:幻想曲ハ短調K475、ピアノ・ソナタ ヘ長調K533+494(グリークによる2台ピアノのための編曲版)

2003112504.jpg
今日はモスクワ音楽院大ホールで行われたニコライ・ペトロフとアレクサンドル・ギンジンによる2台のピアノのための演奏会を紹介します。
2003112507.jpg
ニコライ・ペトロフは1943年生まれで演奏家としてだけでなく教師としても大変有名でチャイコフスキー国際コンクールの審査員を務めたりもしています。
2003112508.jpg
アレクサンドル・ギンジンは1977年生まれでエリーザベト王妃国際コンクール、チャイコフスキー国際コンクールへの入賞というキャリアを持つピアニストです。 この二人による2台ピアノの演奏はクレムリン国際音楽祭でのものが度々放送されています。 
2003112501.jpg2003112502.jpg
今回紹介する映像は2003年11月25日に放送されたもので
2003112506.jpg
モーツァルトの幻想曲ハ短調K475
2003112514.jpg
ピアノ・ソナタ ヘ長調K533+494が演奏されています。 そしてここではモーツァルトの作品をグリークが2台ピアノでの演奏のために編曲した版が使われています。 グリークはコンサートピースとしてではなく練習を目的として2台のピアノのために編曲したみたいですが普段聴いているモーツァルトとはまた一味違った面白さがあります。 
2003112511.jpg2003112510.jpg
見るからにレスラーのような体格のペトロフとギンジンという不思議な組み合わせですが聞こえてくる音楽は繊細そのもので両者の呼吸もぴったりです。
2003112513.jpg2003112512.jpg
それにしてもペトロフって見るからに貫禄がありますね。

これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。