2009年01月10日

アレクサンドル・ラザレフ&ロシア・ナショナル管弦楽団/ラフマニノフ:交響的舞曲作品45

2003122307.jpg2003122313.jpg
今日はアレクサンドル・ラザレフがロシア・ナショナル管弦楽団を指揮した演奏会を紹介します。 ラザレフは1945年生まれの指揮者でボリショイ劇場の指揮者を務めていましたが1995年に解任されてからはロシア国外で主に演奏活動を行っているようです。 日本では読売日本交響楽団や日本フィルハーモニー交響楽団に客演していてファンが多いかと思います。 
2003122305.jpg2003122306.jpg
今回紹介するのは2003年12月23日に放送されたので曲はラフマニノフの交響的舞曲作品45です。 ラザレフが指揮しているロシア・ナショナル管弦楽団はウラディーミル・スピヴァコフが常任指揮者を務めている方で晩年のスヴェトラーノフも指揮をしています。 プレトニョフのとは全くの別団体のようですがテレビではどちらの団体も「ロシア・ナショナル管弦楽団」なのでややこしいです。
2003122308.jpg2003122309.jpg
盛大な拍手に迎えられてラザレフが登場すると演奏が始まる前からブラボーの声が。
2003122310.jpg2003122312.jpg
演奏は最初ゆっくりしたテンポで始まりますが彫りが深く濃厚な表現でまるで物語を聴いているかのように引き込まれます。
2003122311.jpg2003122328.jpg
まるで舞台のないオペラを観ているような感じです。 指揮棒を持たず激しいアクションで指揮をする姿とは逆にテンポをあまり揺らずどっしりと構えて雰囲気に合わせて盛り上げたり綺麗に鳴らしたりというコントラストが面白いです。
2003122321.jpg2003122334.jpg
見た目は凄く熱いのですが聴こえてくる音楽は沈着冷静なんですね。 それでいて聴いてる方の心がじわじわと熱くなっていくという実に不思議な演奏です。
2003122337.jpg2003122338.jpg
こんな凄い人が日本フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に就任した事は日本の音楽ファンにとってすっごいプラスだと思います。

これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 21:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラザレフ、ロシアでは日本でよりさらに評価高いですよね。ラフマニ、聴いてみたいーーー。
日本フィルの首席指揮者就任披露演奏会行って来ました〜10日サントリー、11日芸劇。
最高です!言葉では言い表せないこの空気感。
これからの日本フィル、本当に楽しみですね。
ラザレフの巨大な愛にがっしり抱擁されている感じです。
すでにものすごい熱気!
1月16日、17日はいよいよ3年がかりで取り組む「プロコフィエフ交響曲全曲演奏プロジェクト」第1弾。リハーサルもたっぷりとる東京定期演奏会、ちょーーーーーーーーーー期待です!
Posted by 最高! at 2009年01月11日 23:41
最高!様、コメントありがとうございます。 テレビでもしっかり伝わって来ますので生の演奏会ならなおさらでしょう。 時間が出来たら是非ラザレフと日本フィルの演奏を聴いてみたいです。
Posted by こういちろう at 2009年01月12日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。