2009年01月14日

パーヴェル・コーガン&モスクワ交響楽団/ハチャトゥリアン:「ガイーヌ」&「スパルタクス」抜粋

2009011401.jpg2009011402.jpg
今日は本日放送されたパーヴェル・コーガンとモスクワ交響楽団の演奏会を紹介いたします。 
2009011404.jpg2009011430.jpg
これは昨年2008年にハチャトゥリアンの生誕105年を記念して行われた演奏会でバレエのガイーヌとスパルタクスから数曲演奏しています。
2009011406.jpg2009011409.jpg
まずはガイーヌですがのっけから剣の舞ですか(笑) 「怒りを鎮めるためのクラシック音楽」と言うタイトルのCDの最初の曲がこれだったので大笑いした事があります。
2009011405.jpg2009011408.jpg
あれ? スネアドラムの女性奏者、どこかで見たような??? 名前が思い出させないのですが以前シナイスキー指揮ロシア国立交響楽団のショスタコーヴィチの交響曲第10番でスネアドラムを叩いていたのを思い出しました。 どうも今日のスペシャルゲストのようです。 そのせいかリズムの切れが普段より良いように思います。
2009011417.jpg2009011414.jpg
この後アイシャの目覚め、薔薇の乙女の踊り、子守歌、クルドの踊りが演奏されました。
2009011420.jpg2009011419.jpg
演奏は凄く良かったのですがなにか一品足りないような。。。
2009011431.jpg2009011433.jpg
続いて演奏されたスパルクスもストレートな演奏で面白いです。
2009011435.jpg2009011436.jpg
スパルタクスが終わって客席総立ちで拍手をしています。
2009011437.jpg2009011438.jpg
するとスネアドラムの女性奏者が赤い民族衣装に着替えて出て来ました。
2009011439.jpg2009011440.jpg
拍手が鳴り止むやいなや凄い勢いでスネアドラムを叩き出しました。
2009011441.jpg2009011442.jpg
そうです足りなかった一品、ガイーヌのレズギンカです。 
2009011443.jpg2009011444.jpg
しかも凄い早いテンポです。演奏が始まるとコーガンが舞台の袖に引っ込んでしまいました。
2009011445.jpg2009011446.jpg
指揮者なしで弦も木管も金管も打楽器も、とにかくオケ全てが全力疾走しています。 手空きのハープ奏者がそれ見て笑ってます(笑) レズギンカはこの時のために取っておいたのですね。 客席からは手拍子が起こるし本当に待ってました!って感じです。
2009011447.jpg2009011448.jpg
演奏が終わる寸前にコーガンが指揮台に戻って来てかっこよくポーズを決めていました。
2009011450.jpg2009011449.jpg
客席からの大歓声に大変嬉しそうです。 観ている私も大変楽しかったです。

これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。