2009年01月23日

ロジャー・ノリントン&ムジカ・ヴィヴァ室内管弦楽団/メンデルスゾーン:交響曲第3番イ短調作品作品56「スコットランド」

2003091822.jpg2003091821.jpg
今日はロジャー・ノリントンがモスクワのムジカ・ヴィヴァ室内管弦楽団を指揮した演奏会を紹介します。 
2003091801.jpg2003091802.jpg
曲はメンデルスゾーン:交響曲第3番イ短調作品作品56「スコットランド」で2003年9月18日に放送されたものです。 ロジャー・ノリントンは1934年生まれのイギリスの指揮者です。 古楽器による団体のロンドン・クラシカル・プレイヤーズを設立して指揮者として活動をしていてヴァージン・レーベルにいくつか録音しています。 現在はシュトゥットガルト放送交響楽団の常任指揮者で確か金沢へも来ていたと思います。 ムジカ・ヴィヴァ室内管弦楽団はチェロ奏者でもあるアレクサンドル・ルディンを指揮者として活動しているモスクワの団体です。
2003091804.jpg2003091806.jpg
ノリントンとロシアの室内オケという想像を超えた組み合わせによるメンデルスゾーンのスコットランドですが弦の響きはいつもは吸い付くようなあのロシアの弦ではなくちょっとくすんだようなピリオドっぽい感じです。
2003091805.jpg2003091812.jpg
ヴァイオリンだけでなくチェロもそうなのですが結構分厚く鳴るので不思議な感じです。 と言っても以前、ヴィルサラーゼをソリストに迎えてルディンが指揮をしたシューマンのピアノ協奏曲とは全然オケの音色が違います。
2003091813.jpg2003091814.jpg
で演奏の方は軽いかと思いきや割合テンポが遅めでどっしり感があります。
2003091815.jpg2003091816.jpg
しかも思い入れたっぷりに歌うし大変良かったと思います。
2003091817.jpg2003091820.jpg
演奏が終わって客席からは拍手とブラボーが飛んでました。

これまでロシア文化テレビから録画した演奏会リストは
どうぞ↓こちらをご覧になられて下さい。
こういちろう どっと こむ
posted by 北国育ちの3月うさぎ at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。